【竹内結子】9月7日のインタビュー「家で過ごす時間が増え人生を見直すようになった」「家族との時間を楽しむ」「人に頼れるようになった」

悲しい話
スポンサーリンク
1: Anonymous ★ 2020/09/27(日) 10:27:00.56 ID:CAP_USER9
2020/09/07
https://lee.hpplus.jp/column/1735335/
https://lee.hpplus.jp/wp-content/uploads/2020/08/DMA-cut1_028.jpg
no title

https://lee.hpplus.jp/wp-content/uploads/2020/08/DMA-cut1_000.jpg
https://lee.hpplus.jp/wp-content/uploads/2020/08/DMA-cut2_040.jpg

結婚、妊娠、出産、家庭と仕事との両立……。女性の30代は、人生の岐路と選択の連続です。

この道で間違いなかったのか、この先の40代をどう生きるのか、思い悩むことの多い世代でもあります。

1980年生まれ、今年でジャスト40歳の女性は、30代をどう振り返り、今何を思うのか。竹内結子さんにじっくりお話を聞きました。

(9/7発売のLEE10月号では、竹内結子さんのほか、優木まおみさん、花楓さん、辻村深月さんのインタビューも掲載しています)

30代までの自分に
お疲れさまと言いたい気分

今年の1月に第2子を出産後、初のLEEでのインタビューとなる竹内結子さん。育児と向き合う中で40歳を迎えた竹内さんの表情はとても穏やかで、心のゆとりを感じさせます。

「40歳という年齢に後ろ向きな気持ちはまったくなくて、むしろ肩からポロポロといろいろなものが落ちて、軽くなるような感覚がありますね。自分のポジションを作らなきゃって頑張っていた20代、子どもができて自分の人生を考えるようになった30代前半。30代中盤は、いただく役柄の影響もあってか、人を引っ張っていくようなポジションが増えて、妙な気負いがあったタイミングも。今はまたひとつ段階が進んで、これまでの自分にお疲れさまという気分ですね。その流れの中で、30代は体の変化も感じるようになり、20代の頃のように気持ちだけでは徹夜できないと実感して。ひとりでやりたい、頑張れるはずだと頑なだったのですが、周りの手を借りないといけないなと気づいた時期でもありました。人に頼れるようになったことは、大きな変化ですね」

久々の赤ちゃんとの生活でも、できるだけ周りに助けを求めるようにしているそう。

「わかっていたつもりでしたが、眠れないし、もらった風邪はなおらないし……。赤ちゃんのお世話は本当に大変ですね。育児の常識も長男のときとは変わっていることが多くて、育児雑誌で離乳食について調べたりしています。30代は仕事と育児を両立する中で、例えば『お茶を飲んで一息つきたいな』と思っても、それが自分のわがままなんじゃないかと感じて、押し込めていました。そのイライラが、外に向けて出てしまっていたんですね。でも今はしんどかったら『はい、交代して』と言えるように。自分の中で気持ちを煮詰めてしまうからこじれるのであって、どうしてほしいかをストレートに伝えればいいんだと気づきました。最近も、思ったことはその場でパッと出すトレーニングをしているところ。決してうまくはないけれど、20代、30代よりはできるようになったんじゃないかなと思います」

育児休暇とステイホーム期間が重なり、家で過ごす時間が長くなったことで、人生を見直すきっかけになったとも。

「実は2度の出産で仕事を離れることには不安がありました。特に長男のときは、私の代わりはいくらでもいると思っていて、怖くてたまらなかった。少しでも早く仕事に復帰して、多くの現場をこなさなきゃと必〇でした。でも今回、たっぷり時間があって家族と向き合って、自分の人生をもう少し大事にしてもいいんじゃないかなと思えました。これまでもおろそかにしてきたわけではないけれど、子どもとゆっくり向き合ったり、毎日の献立をのんびり考えたり。わが家ではカセットコンロがよく登場するのですが、家族の中で長男が作ったたこ焼きが一番おいしかった!という発見があったり。40代も仕事という軸は持ちながら、家族との時間を楽しんでいきたいですね」

引用元: ・【竹内結子】9月7日のインタビュー「家で過ごす時間が増え人生を見直すようになった」「家族との時間を楽しむ」「人に頼れるようになった」 [Anonymous★]

16: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 10:30:41.00 ID:rt01k+Rt0
>>1
いい笑顔だなぁ
どうして…
19: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 10:31:05.11 ID:Gm3DEGAl0
>>1
美人薄命やな
夏目雅子以来の衝撃
117: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 10:48:34.88 ID:oWvld2JI0
147: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 10:55:04.42 ID:fQk3lw1V0
>>134
あえて自分を奮い立たせるための言葉もしくは取り繕って自分を良く見せるための
言葉で内面は別だったのかもしれんよ
142: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 10:54:23.76 ID:aHIbBkTE0
産後うつとか、また適当なこと言って~って思ってたけど
>>1読むとありあるな
162: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 10:58:02.34 ID:dMmt+bDM0
>>1
ぐわぁああ可愛い過ぎる。。。
218: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 11:07:19.45 ID:/gy16VS+0
>>206
意味深な記事ですね!
243: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 11:10:16.24 ID:zISD3Ds60
>>1
すごい美人だよね…
ただの美人じゃなくてすごい美人
頭頂から鼻筋顎までのラインが完璧

こんなにきれいな人今の芸能界でもそんなにいない
本物の美人

251: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 11:12:29.40 ID:rt01k+Rt0
>>243
変に若作りもしてないし本当に綺麗だよね
258: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 11:14:13.32 ID:Mj94kUiz0
2: Anonymous ★ 2020/09/27(日) 10:27:10.85 ID:CAP_USER9
セリフの多い役柄が増えて
プレッシャーを感じることも

これまで、芯のある自立した女性や主人公をやさしく見守るヒロインなど、さまざまな役柄を演じてきた竹内さん。30代は「さらに演じる人間性の幅が広がった」と振り返ります。

「以前は、誰かの気持ちを代弁するようなポジションが多かったのですが、最近は周りを思いやらない役が増えました(笑)。そういう人って自分の考えを主張するので、とてもセリフが多いんですよね。台本を見ても、ずっと私がしゃべってる!と。やりがいはありますが、同時にプレッシャーも。大きな役柄をいただくこともあるので、事前にリサーチをしたり、自分で働きかけていくことも増えました。

『長いお別れ』という作品では、父親が認知症という身近でも経験したことのない初めての設定に戸惑い、すぐに監督に相談しました。わからないことはわからない、と正直に伝えることも、経験を積んだからこそ大切なのかなと思います」

意外にも、かつては撮影現場でのコミュニケーションが苦手だったそう。ある監督との出会いで意識に変化が。

「どうしても台本に影響されるので、敵役だから仲よくしたくないと思ったり、初めて会う人と夫婦役だと言われると急いで間合いを詰めなきゃと焦ったり。距離の取り方って難しいなと。30歳になる少し前に『チーム・バチスタの栄光』で中村義洋監督とお仕事をしたときは、現場で共演者と自然に話すことができたんですよね。監督がおしゃべりというわけではないんですけど、居心地がよい空間を作ってくださって。コミュニケーションをとらないとって気負いすぎるとうまくいかない。ただ楽しんでそこにいればよかったんだ、と気づくことができました。

自分ができないことを知るのってとても怖いですよね。20代の頃、事務所の方に『自分を認めなさい』と言われたことがあって。認めるって要するに、できないことや苦手なこと、ダメな自分も目をそらさずに見るということ。当時は『そんなのわかってます』とできているつもりでいたけれど、40歳の今も、まだ私は自分のことを100%認めていないと思います(笑)。40%、いやもしかしたら20%ぐらいかも。役柄を生きることは自分を知るきっかけにもなるので、今後も演じながら自分を知っていけたらいいなと思います」

40代で挑戦してみたい役柄はありますか?

「例えば、虐待をしてしまう母親とか。育児を経験していれば、少なからず子どもに手をあげる気持ちはわからなくはないなと思う。いざ演じるとなると苦しくなりそうですが、難しい役も大人として、きちんと表現できるようになりたいですね」

61: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 10:37:55.68 ID:Ad383nn60
>>3
まだ竹内が病気抱えてた可能性があるんじゃないか?早々にそんな言葉投げつけるお前が屑だわ
5: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 10:28:19.64 ID:zLpRa6sg0
竹内 結子(たけうち ゆうこ、1980年〈昭和55年〉4月1日 – 2020年〈令和2年〉9月27日[3])は、日本の女優、ナレーター[1]。埼玉県浦和市(現さいたま市南区)出身。スターダストプロモーション所属。夫は同じく俳優の中林大樹。

2005年(平成17年)6月、映画『いま、会いにゆきます』で共演した中村獅童と結婚。妊娠していることも公表し、同年11月に第1子となる男児を出産(2008年2月に離婚。親権は竹内)[5]。

2019年2月27日、所属事務所の後輩の中林大樹と結婚、連名で報告した[9]。https://up.gc-img.net/post_img/2019/05/wnswQwa4YCcgkSU_DMx8W_86.jpeg
2019年8月28日、第二子を妊娠していることがわかった[10]。翌年1月末に男児を出産[11]。https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/7/0/70391_1643_dcd633b97eda1bb822011c8cee72e247.jpg

2020年9月27日、東京都内の自宅で、遺体で発見された。享年40歳だった。自〇の可能性があるため、警視庁が調べている[12]。

「顔変わった?」竹内結子、出産後初イベントでザワつかせた“若返り”2020年09月04日 17時58分 アサ芸プラス
9月1日に都内で行われた「サッポロ一番 おうちで偏愛フェス」キャンペーン開始式に登場した竹内結子。今年1月に第2子を出産後、これが初めての公の場となった。
竹内は2015年から同商品のキャンペーンキャラクターを務めており、劇団ひとり演じる夫、寺田心演じる息子のよき妻でありよき母を演じている。放送中の新CMにはKis‐My‐Ft2の藤ヶ谷太輔と玉森裕太が新加入。
竹内ママを魅了する「偏愛レシピ」を紹介している。「ただ、どうやらネット民には新CMよりも、久しぶりにマスコミに登場した竹内の顔が話題になっているようです。久しぶりに見たせいなのか、ネット上には『竹内結子ってこんな顔してたっけ?』
『私が思ってる竹内結子となんか顔が違う』『竹内結子というよりカトパンっぽい顔』『前より若くてかわいくなった気がする』など、竹内の顔に対する違和感を指摘する声が相次いでいます。しかし、その指摘のほとんどが『前より若い』という称賛ですから、
再婚した5歳年下の俳優・中林大樹との生活が充実しているのではないでしょうか」(女性誌記者) 2児の母にも40歳にも見えない若さと美しさで輝く竹内。しばらくは子育て優先の生活だろうが、早く女優としての新作を見たいものだ。

30: 名無しさん@恐縮です 2020/09/27(日) 10:33:24.60 ID:rt01k+Rt0
>>5
これが再婚相手?
1月に生まれた子も心配だけどそれ以上に血の繋がらない思春期の長男が心配だわ
悲しい話
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました