【青森】新型コロナワクチン「怖い。体に何が起こるか分からない」「遺伝子に影響を及ぼすのではないか」接種望まぬ人も

スポンサーリンク
1: nita ★ 2021/09/06(月) 17:04:47.81 ID:7zfeoc109
Web東奥9/6(月) 8:50

新型コロナウイルス対策の「切り札」と国が位置付け、青森県内でも急ピッチで進むワクチン接種を、あえて避ける人もいる。理由として、後遺症などワクチンの安全性に対する不安を挙げた。接種を強いるのではなく、個人の意思を尊重してほしいという声もある。

国は新型コロナのワクチン接種について、自身を守るだけではなく、医療機関の負担軽減につながるなど、メリットがデメリットを上回るとして接種を推奨。ただ、あくまで本人の意思に基づくもので強制ではない。

弘前市の小売業女性(25)は接種を望まない理由として「怖い。体に何が起こるか分からない」と後遺症を恐れる。女性はこれまでに職場接種の機会もあったが、あえて見送った。同じように接種を受けないと選択した同僚も複数いる。接種しないことを非難されたり、嫌がらせを受けたりした経験はない。女性は「強制されない限り、今後も打たないと思う」と言い切った。

八戸市の会社役員男性(59)も「遺伝子に影響を及ぼすのではないか。後々、後遺症が出ないか心配だ」と述べ、ワクチンが完全に安全だと立証されていないことを気に掛ける。その上で「ワクチンを打つ、打たないは個人の価値観。例えばワクチン証明書がなければ飛行機に搭乗できないとなれば、それは一種の差別では」と危惧する。

「海外製ワクチンは不安」と話すのは鯵ケ沢町に住む無職の70代男性。塩野義製薬など国産ワクチンの完成を待ち望んでおり「それまでは、外出時のマスク着用や家の換気、人混みを避けることなど、今までやってきた自助努力を続ける」という。ワクチンの2回接種を済ませた妻(70)と2人で暮らし、日頃から人と会う機会も減らして生活していることなども、未接種の理由の一つに挙げた。

県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は「ある程度多くの人がワクチンを接種するのは、公衆衛生上は重要。個人の防御が社会の防御にもなる」とワクチンの利点を解説。一方で「接種はあくまで推奨。個々人の考えで、接種しない選択があるのは当然だ」と接種を望まない人への理解も示した。

政府のホームページによると青森県の接種率(対人口比)は2日現在、1回目51.91%、2回目43.53%。

「後遺症心配」接種望まぬ人も 青森県内、当事者の声 国、強制でなく推奨(Web東奥) - Yahoo!ニュース
 新型コロナウイルス対策の「切り札」と国が位置付け、青森県内でも急ピッチで進むワクチン接種を、あえて避ける人もいる。理由として、後遺症などワクチンの安全性に対する不安を挙げた。接種を強いるのではなく

引用元: ・【青森】新型コロナワクチン「怖い。体に何が起こるか分からない」「遺伝子に影響を及ぼすのではないか」接種望まぬ人も [nita★]

3: ニューノーマルの名無しさん 2021/09/06(月) 17:05:20.83 ID:T/X6jSIn0
コロナウイルスには足は生えていないので
自分の力で歩き回ることはできない

人がコロナを移して回っているのだ
悪いのは人であってコロナではない

コロナを拡散してるこういう奴らがいなくなれば
コロナはきれいサッパリ消えて無くなる

会食国会議員、公務員
オリパラ関係者
テレビ局社員
体育会系部員
脳筋バカ
パリピ
陽キャ
酒飲み
喫煙者
風俗、ホスト
居酒屋
フェス好き
反ワク信者
ノーマスク基地外
コロナはただの風邪教
経済回セ評論家
イベルメクチン真理教

5: ニューノーマルの名無しさん 2021/09/06(月) 17:06:15.35 ID:y29S5Piv0
死ぬぞ?
6: ニューノーマルの名無しさん 2021/09/06(月) 17:06:19.73 ID:krp9r28S0
気が付いてきたな

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました