【人事】安倍政権時代の「官邸ポリス」が“論功行賞”で警察組織2トップに昇格

スポンサーリンク
1: 生玉子 ★ 2021/09/12(日) 11:14:08.75 ID:6nG/lOWP9
 警察が究極の忖度機関になるかもしれない。

東京五輪・パラリンピックが終わり、警察は人事の季節を迎える。警察庁も警視庁も、現トップは東京大会の警備を最優先した布陣だからだ。

警視庁の斉藤実警視総監は、庁内で「警備警察のエキスパート」と呼ばれてきた人物。早ければ9月中に退任するとみられ、後任には警察庁の大石吉彦警備局長が就任する予定だ。

大石氏は、2012年から19年まで前首相の秘書官を務めていた“親衛隊”でもある。

さらには、警察庁も年末にトップが交代して、氏と親密な元「官邸ポリス」が長官に就きそうなのだ。

一貫して警備畑を歩んできた警察庁の松本光弘長官の後任には、警察庁ナンバー2の中村格次長が昇格する。

中村氏といえば、第2次政権下の15年、「晋三に最も近い記者」といわれた元TBSワシントン支局長がジャーナリストの伊藤詩織さんをレイプした疑惑で、逮捕状を握り潰したことで知られる。

当時、警視庁刑事部長だった中村氏が逮捕を取りやめるよう指示したことについて、「週刊新潮」の取材に対し、「私が決裁した」と本人が認めていた。

中村氏は政権で菅官房長官の秘書官も務めた。テレビの報道番組にも目を光らせ、政権批判発言があれば局の上層部に連絡して抗議していたと報じられたこともある。

警察庁長官に上り詰めれば、これ以上ない論功行賞だ。

「自民党総裁選の結果によっては、今より前首相の影響力が強い傀儡政権が誕生しかねない。そこに加えて警察組織のツートップが“アベ友”で占められれば、さんは怖いものなしでしょう。検察の人事に介入する法改正は世論の強い批判で頓挫しましたが、警察の通常人事は止めようがない。伊藤詩織さんの事件でも分かるように、警察組織は上からの命令が絶対です。官邸ポリスがツートップに立てば、警察全体が権力に忖度する組織に変容しそうで心配です」(警察庁関係者)

前首相が新政権も警察権力も私物化する暗黒時代が始まるのか。

9/12(日) 9:06配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/3c9afa4dc4a752bc7c4ae312d90739959a98029e

引用元: ・【人事】安倍政権時代の「官邸ポリス」が“論功行賞”で警察組織2トップに昇格 [生玉子★]

>>1
日刊ヒュンダイと書いとけよ
2: ニューノーマルの名無しさん 2021/09/12(日) 11:15:06.05 ID:yD7k8oIf0

自民党たばこ議連副会長!

高市早苗

4: ニューノーマルの名無しさん 2021/09/12(日) 11:15:39.33 ID:zY10jdCJ0
なんかカビ臭いな
6: ニューノーマルの名無しさん 2021/09/12(日) 11:16:23.75 ID:1Va3vDDQ0
アホが読む底辺日刊紙

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました