【芸能】<手越祐也に単独インタビュー>「テレビ無料でもでますよ」

スポンサーリンク
1: Egg ★ 2021/09/14(火) 17:15:05.47 ID:CAP_USER9
2020年6月にジャニーズ事務所を退所後、YouTuberやミュージシャンとして活躍する元NEWSの手越祐也(33)。ジャニーズ事務所退所の記者会見と同時にスタートしたYouTube「手越祐也チャンネル」は、現在、登録者数が162万人の人気チャンネルに成長。ソロアーティストとしての音楽活動も本格的に始動し、今年8月には、6カ月連続となるデジタル・シングル・リリースの第2弾「ARE U READY」の配信がスタートした。その手越がAERA dot.の取材に応じ、退所後の1年間、テレビに対する思い、今後について語った。

*  *  *
――独立から1年。振り返って、ジャニーズ事務所退所の判断は正しかった?

100%、正しかったと言い切れます。あのタイミングしかなかったと思います。

――昨年10月のインタビューでは「エンターテイナーになりたい」とお話しされました。その気持ちは変わっていませんか?

同じです。もう、やりたいことがめちゃくちゃたくさんあって、今後がものすごく楽しみです。経営者として会社を大きくしたいですし、表現者として応援してくれる方たちを笑顔にしたい。そして日本の芸能界をキラキラした夢のある世界にしたいというのが最大の目標です。

――以前よりも発言が個人よりも全体を俯かんしたものになっている気がします。

独立前から芸能界だけの付き合いだけじゃなく、他業種の人との交友関係を大切にしてきました。彼らは5年後、10年後の未来を見据えて話をするので、何を話しているのかわからなかったこともありましたが、しだいに自分にとって刺激的な関係になっていきました。そうした時間を共有するなかで、「このままだとエンタメは世界に取り残される」という危機感を感じるようになり、それから自分自身ことを客観的に見つめたり、芸能界の行く末を考えたり、日本だけではなく世界を視野に入れた見方をするようになったんです。

――芸能界を変えるために「裏方」に徹することも考えていますか?
 
そもそも僕は目立つために芸能界に入っているので(笑)。だから表から退くことはありません。ステージに立つことは最高に幸せなことだし、YouTubeも楽しいし、ずっと笑っていられているので。

――独立前はテレビの世界で大活躍でした。独立後はほとんど出演していません。なぜでしょうか?

いろいろと事情があるんだと思います(笑)。独立してから、民放キー局からのオファーはありません。もちろんオファーがあれば出演して全力を尽くしますが、一方でこの1年間テレビに出ていなくても経営という面では全く問題はない。だから出演料が厳しいという事情があったりしたら無料でも出ますよ。

9/14(火) 11:30  アエラ
https://news.yahoo.co.jp/articles/cd04f00a9d08b23de3f75a8d668074c5190f4359

写真
no title

引用元: ・【芸能】<手越祐也に単独インタビュー>「テレビ無料でもでますよ」 [Egg★]

>>1
クビやん

2: Egg ★ 2021/09/14(火) 17:15:43.98 ID:CAP_USER9
――大手事務所から独立した芸能人の受け皿になるという考えはありますか?

もちろん考えています。でも、僕がエンターテイナーであることは変わりませんので、表舞台から退くことはありません。だから両方やります。受け皿としてやるのであれば必ずタレントファーストにしたい。事務所があるからタレントは儲かるのではなく、タレントがいるから事務所は儲かるというのが大前提になります。金銭面についても方針についても事務所が原因でタレントが悩んでいるという事例が多い。僕だったらタレントが事務所を辞めなくてよいくらいの自由と収入を与える。それが事務所にとっての利益に繋がる。そういう面ではYouTuberと事務所との関係性に近いと思います。

――YouTubeに「手越祐也チャンネル」を開設して1年が経ちました。

YouTubeは、あいかわらず楽しくやっています。ただ、僕は純粋なYouTuberではないので、視聴回数や収益を稼ぐことが最重要事項になることはありません。僕やスタッフ、そして視聴者が楽しんでくれることが最優先です。そうした方針のもと、これからは音楽活動にも力を入れていきます。一番の持ち味であるボーカルや音楽の部分をもっと見たいと思ってくれているファンはいますし、そのほうが満足度の高いチャンネルになると思います。

――今後について教えてください。

独立して、今までできたことができなくなったこともあれば、その逆もあります。比較すると、差し伸べてくれる手は独立前よりも多い。そこには足元を見る人もいるので見極めは必要ですが、「こんな世界があるんだ」と新発見がいっぱいある。7月7日から始まった6カ月連続のシングル曲のリリースが大きな音楽活動のスタートになる。「みなさんの前で歌いたい」という気持ちはものすごくあるし、やりたい。コロナでなかなか難しい状況ではありますが、年内には生で歌う手越をみなさんにお見せしたいと考えています。この1年は僕だけでなく応援してくれているファンにとても怒涛の1年でした。本当に感謝しかありません。本当に頭が上がりません。ここまで信じて僕と付き合ってくれるんだから、たぶん一生離れられない関係になれたと思います。そういう人たちのためにも、そして自分自身のためにも刺激的な活動を続けていきます。

3: 名無しさん@恐縮です 2021/09/14(火) 17:16:19.07 ID:w4oLNRn90
いや
要らないです

4: 名無しさん@恐縮です 2021/09/14(火) 17:16:25.42 ID:GXd7jPYi0
必死だな
誰だっけ?

6: 名無しさん@恐縮です 2021/09/14(火) 17:16:44.09 ID:JfXqjEPa0
懐かしいな

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました