【朝日新聞/社説】米国とアジア 力の対抗より共存探れ

スポンサーリンク
1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/09/26(日) 18:44:33.58 ID:CAP_USER
 「新冷戦や世界の分断は望まない」。バイデン米大統領が初めての国連演説で宣言した。

その言葉どおり、大国間で陣営を争う外交ではなく、相互依存と信頼に基づく包摂の秩序づくりに尽力してほしい。

クアッドと呼ばれる日米豪印4カ国の枠組みは、その試金石だ。中国を「最も重大な競争相手」とみる米国が主導し、今回は対面の首脳会議を開いた。

国連でバイデン氏は、インド太平洋地域への関与を優先し、同盟国や友好国を重んじる方針を示した。4カ国の首脳会議はその結束を演出したものだ。

トランプ前大統領は、アジアの国際会合にはほとんど出席しなかった。対照的に、米国が地域との関係を深める姿勢に転じたことは評価したい。

一方、新たな「同盟重視」はどれほど真剣か、地域の安定に米国がどこまで責任を負う覚悟か、疑念もぬぐえない。

それを痛感させたのが、アフガニスタンからの米軍撤退だった。同盟国との調整は乏しいまま強行され、結局、バイデン外交も「米国第一」ではないか、との不信を広げた。

そんな折、米国は英豪との3カ国の安全保障枠組みも立ち上げた。豪州の原子力潜水艦建造への協力を発表したが、逆に契約を破棄されたフランスの怒りを買った。ここでも事前の調整がなかったようだ。

米国がアフガニスタンで失った威信の挽回(ばんかい)を太平洋地域で急いでいるのならば、危うい。周到な意思疎通を欠く外交では、健全な同盟関係は保てない。

中国への牽制(けんせい)に、前のめり感が目立つのも懸念材料だ。豪州の唐突な原潜配備は地域の軍事情勢に相当の影響を及ぼす。

中国の軍拡と強引な海洋進出が緊張を高めているのは確かだが、対抗的な行動は慎重さを要する。単に力を競うだけでは、さらなる環境悪化と分断をもたらしかねない。

多くのアジア太平洋諸国は、近接する大国・中国との対立を望まない。中国との共存共栄を最善の中国リオと考えるのは、日米豪印も同じである。

バイデン氏は国連で「戦争の時代は幕を閉じ、外交の時代が始まった」とも述べた。ならばクアッドも軍事機構と一線を画し、地域の公益を求める連合体として活動していくべきだ。

4首脳は今回、新型コロナのワクチン供給を筆頭に、気候危機やインフラ開発などへの取り組みを強調した。毎年首脳会議を開くことでも合意した。

人権や法の支配などの原則の下でアジアの平和的発展をめざし、中国を巻き込む秩序を形成する。そんな建設的な枠組み運営を心がけてもらいたい。

朝日新聞デジタル 2021年9月26日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S15056055.html?iref=pc_rensai_long_16_article

引用元: ・【朝日新聞/社説】米国とアジア 力の対抗より共存探れ [9/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]

>>1
でも、中国には何も言わない朝日新聞
2: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/09/26(日) 18:45:12.69 ID:jKvb9YmM
困った時のアジア括り
3: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/09/26(日) 18:45:23.19 ID:wsEYdtHm
【東京新聞/社説】恒大経営危機 国際連携で事態収拾を [9/23] [右大臣・大ちゃん之弼★]
【東京新聞/社説】恒大経営危機 国際連携で事態収拾を [9/23] [右大臣・大ちゃん之弼★]
5: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/09/26(日) 18:45:27.32 ID:b0r2JiJ/
日本はアジアに酷いことをしたよね
6: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2021/09/26(日) 18:45:44.11 ID:dQMlFHM3
中国が力の対抗を推し進めてきたんだが

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました