【サッカー】長友佑都4-3-3のメリット「タメができて高い位置をとれた」一問一答

スポンサーリンク
1: ゴアマガラ ★ 2021/10/12(火) 23:53:21.52 ID:CAP_USER9
日本は後半41分にMF浅野拓磨(26=ボーフム)のシュートで相手のオウンゴールを誘い、2-1で強豪オーストラリアに競り勝った。

森保監督は従来の4-2-3-1から、4-3-3に布陣を変更。前半8分、先発に抜てきされたMF田中碧(23=デュッセルドルフ)のゴールで先制した。
後半25分に直接FKを決められたが、後半33分から途中出場した浅野が大きな1点を導いた。

試合後のDF長友の一問一答は以下の通り。

-試合について

長友 攻撃のときは高い位置をとり、相手サイドバック(SB)を遅らせる。いい感じで左サイドを崩せたし、攻撃にも絡めた。いい試合ができた。

-効果的なロングボールがよく入った

長友 僕が走る裏は空いていた。相手SBかサイドハーフ(SH)、どちらが僕を見るのか、微妙なポジションでスタートできたので、どんどん裏をついていこうと話した。

-失点につながったファウルの場面の反省は

長友 失点場面はみんなで見たけど、僕があそこでSBに対して出て、冨安がずれて、マヤ(吉田)がスライドできれば問題なかった、
という結論に、選手間ではなった。トミ(冨安)とマヤがずれて、僕がSBに出て、全体的にずれようと話し合いはした。

-4-3-3のメリットと注意点は

長友 守田や田中が入って、中盤でタメができたり、ボールを持てる時間が増えたと感じる。タメができて僕が高い位置をとれたり、
それによって中に入った南野がフリーになれたり、大迫と近い距離でプレーできたり、よかったと思う。(注意点は)左サイドの守備で、南野が前からプレッシャーをかけるときは、
相手のセンターバック(CB)か落ちたボランチに対して行く、という話になっていた。そうなると、微妙なポジションにいる相手SBに対して僕が出て行くのか、そこの判断は前半から難しい部分があった。

-終盤ベンチから見ていてどんな気持ちだったか

長友 勝ってくれ、としか考えていなかった。ピッチにいようがベンチにいようが、気持ちは同じなので。全く変わらずに、チームメートを応援していた。

-勝ち越せた要因は

長友 途中から入った選手も裏へのスピードを生かして、浅野も古橋も、相手がバテている中で裏を付けたり、通っていたらビッグチャンスのシーンもあった。
そういったことをチームとしてやり続けられた。個々のストロングをみんなが理解して、勝負をかけ続けられたのが、点が入った要因なのかな。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9399a1f105664d4cc581216883c8fc735e017d45

引用元: ・【サッカー】長友佑都4-3-3のメリット「タメができて高い位置をとれた」一問一答 [ゴアマガラ★]

2: 名無しさん@恐縮です 2021/10/12(火) 23:53:55.78 ID:4RyOUA1h0
いやお前がだな…
3: 名無しさん@恐縮です 2021/10/12(火) 23:54:08.95 ID:7UyTFf5Z0
お前が高い位置とったおかげで失点したけどな
4: 名無しさん@恐縮です 2021/10/12(火) 23:54:11.26 ID:iu3c8YWp0
あなたのせいで同点にされたと思うんですけど
5: 名無しさん@恐縮です 2021/10/12(火) 23:54:16.19 ID:ssuPqHsJ0
とりすぎ
6: 名無しさん@恐縮です 2021/10/12(火) 23:54:17.25 ID:9NK+yCwk0
自動ピンチ製造マシンが何か言ってる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました