【福井】男児を誘い出し車中で性的暴行 男2人逮捕 「キャラクターグッズをあげるから」などと誘い出す

スポンサーリンク
1: シャチ ★ 2021/10/15(金) 13:16:21.00 ID:VBjUimGu9
10/15(金) 12:50配信 FBC 福井放送
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0886d22a7a0e96778c2da9cd53840b241bc21d9

鯖江署と県警捜査一課は14日、SNSを通じて県内の男子児童を誘い出し、車の中で性的暴行を加えたとして、埼玉県さいたま市のNPO法人役員髙木龍一容疑者(37)と岐阜県高山市の児童養護施設職員荒木拓雄容疑者(26)を、わいせつ目的誘拐と強制性交等の疑いで逮捕した。警察は「捜査に差し支えがある」として2人の認否を明らかにしていない。(10月15日)

逮捕容疑は今年6月5日午後2時ごろ、「キャラクターグッズをあげるから会おう」と県内の男子児童を鯖江市内の駐車場に誘い出し、車の中に連れ込んで下半身を触るなどの性的暴行を加えた疑い。

男児の保護者が「子どもがSNSで知り合った人と会って体を触られた」と通報し犯行が発覚した。

髙木容疑者と荒木容疑者は知人関係にあり、高木容疑者が男児とSNSでやり取りをしていたとみられるという。警察は犯行の動機や余罪についても2人を追及している。

引用元: ・【福井】男児を誘い出し車中で性的暴行 男2人逮捕 「キャラクターグッズをあげるから」などと誘い出す [シャチ★]

2: ニューノーマルの名無しさん 2021/10/15(金) 13:17:02.44 ID:8WAztOcl0
二人はほもだち
3: ニューノーマルの名無しさん 2021/10/15(金) 13:17:10.40 ID:40ELSPkY0
男子児童ってそういう年齢の子だよね?
4: ニューノーマルの名無しさん 2021/10/15(金) 13:17:35.98 ID:GDw5aWPp0
「NPOはイメージが良いから登録した」などと話しているという。

茨城県警生活環境課などは売春防止法違反(契約、周旋)の容疑で、
NPO法人「茨城人権擁護支援会」理事長で、風俗店経営の鈴木雅也容疑者(61)
従業員の初沢宗一郎容疑者(22)の二名を逮捕し、27日に水戸地検下妻支部に送検した。
鈴木容疑者は風俗店と知らずにアルバイトの面接に訪れた女子高生の免許証をコピー
「家に行くぞ」などと脅し、自身経営のデリヘルで売春を強要していたとみられる。
生活環境課によると、風俗店の事務所として使用しているアパートの部屋は、NPO法人の事務所として下妻市に登録されており、電話番号も同一だった。風俗店の送迎用の乗用車には「茨城人権擁護支援会」と書かれたステッカーが搭載されていたという。
下妻市のホームページなどによると、茨城人権擁護支援会の活動内容は
「子どもの健全育成を図る活動」や「人権の擁護と平和の推進を図る活動」などとしているが、
活動実態はないとみられており、鈴木容疑者は県警の調べに対し
「NPOはイメージが良いから登録した」などと話しているという。

ヘルパーの派遣などを手がける大阪府箕面市のNPO法人の元職員が、利用者の生活保護費など数百万円を着服していたことがわかりました。
NPO法人「箕面市障害者の生活と労働推進協議会」の元男性職員は、ヘルパー派遣サービスを受けていた男性から、
生活保護費の一部の「他人介護料」や年金などを着服したとして先月、懲戒解雇されました。
市によりますと、元職員は男性の口座の管理を任されていて、5年ほど前から生活保護費などを自身の口座に移して流用。
被害は数百万円に上るとみられます。
市の聞き取りに「自分の小遣いと利用者の生活費の線引きができず、自分の生活費に使ってしまった」と話したといいます。

去年、群馬県で開かれた自然体験教室に参加した小学生の男の子にわいせつな行為をしたとして、
体験教室を主催していた東京・練馬区のNPOのスタッフが逮捕・起訴されていたことが、警察などへの取材でわかりました。
逮捕・起訴されたのは、小学生向けの自然体験教室を主催する東京・練馬区のNPO「自然体験活動支援センター」
のスタッフ、開發哲也被告(35)です。
警察などによりますと、開發被告は、去年3月、群馬県で開かれた自然体験教室に参加した
当時8歳の男の子にわいせつな行為をし、その様子を動画で撮影したなどとして、
強制わいせつと児童ポルノ禁止法違反の罪に問われています。
このNPOでは、ほかにも3人のスタッフが別の子どもに同様の行為をしたなどとして、すでに逮捕されています。
これまでの調べで、開發被告は、3人をNPOに誘い、その後、定期的にわいせつな動画などを交換していたということです。

神戸市の特定非営利活動法人(NPO法人)が運営する少年サッカークラブで、
選手にわいせつな行為をさせたとして逮捕、起訴された元コーチ近藤昭彦容疑者(36)=公判中、
神戸市垂水区青山台7=が、別の選手にも同様の行為を繰り返していたとして、
兵庫県警少年育成課と垂水署などは12日、児童福祉法違反の疑いで逮捕した。
近藤容疑者の逮捕は3回目。逮捕容疑は昨年1月、練習後に高校3年の男子選手(17)
を自宅に誘い出し、わいせつな行為をさせた疑い。同課によると、容疑を一部否認しているという。
捜査関係者によると、一連のわいせつ事件で高校生計8人が垂水署に被害届を提出。
ほかの生徒に対しても、神戸市のホテルや遠征先などで同様の行為をさせていたという。

6: ニューノーマルの名無しさん 2021/10/15(金) 13:17:51.19 ID:GDw5aWPp0
聞こえの良い、
社会的虚栄心や自己顕示欲も満たされる、
ボランティア的な献身的活動や公益的業務と見なされる事業を、
何の責任もリスクも負わずに、
かつ自分の収入や生活設計やボーナスも税金で保障された環境で、
自由気ままにお気楽にやって生きていきたい。
できれば、
他人の金や税金で。
余暇は最優先したい、
趣味を満喫するにあたって費用の心配や時間の確保に追われたくない。
仕事の疲れやストレスが休日に残ってたんじゃ趣味を満喫できない。

そうだ。
NPOを始めよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
国内
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました