是枝裕和監督、海外に出て感じた日本映画界の良さと課題「このままだと国内マーケットは縮小」「日本は趣味の域をなかなか出ない」

1: muffin ★ 2022/06/24(金) 18:11:56.20 ID:CAP_USER9
https://news.mynavi.jp/article/20220624-hirokazu-koreeda/
2022/06/24

先月開催された「第75回カンヌ国際映画祭」で2冠に輝いた映画『ベイビー・ブローカー』(6月24日公開)を手掛けた是枝裕和監督にインタビュー。韓国映画に初挑戦して感じた韓国と日本の映画界それぞれの良さと課題、そして海外での映画作りについて話を聞いた。

中略

韓国で映画作りをしたからこそ見えてきた日本の映画界の良さも聞いてみた。

是枝監督は「韓国の評価は、当たるか当たらないか。当たらなかったけどいい映画だねという評価はほとんどない。当たらないとダメ。評価軸がいろいろあるということでは、日本のほうが多様で豊かだと思います」と述べ、「日本の劇場公開作品は大小あわせると(年間)650本くらいある。韓国は200本くらいなので圧倒的に違い、日本の映画のほうが多様。そこは良さとしてあると思います」と語る。

続けて、「ただ、650本の中でどのくらいの作品が仕事として成立できているのかは非常に曖昧。ちゃんとしたギャランティが払われていないものも含めての650本なので、働き方改革が進んでいくと必然的にこの数が減っていく」と問題点も指摘し、「好きでやっているんだからお金なんていいでしょって。それがお金を出す側の甘えにもなっていて、このままだと国内マーケットは縮小していかざるを得ないし、仕事にならないと若い人は現場に残らない。その意識改革が急務だと思います」と語った。

日本の映画界は今年に入ってハラスメントや暴力に関する問題が取り沙汰され、是枝監督らが名を連ねる「映画監督有志の会」は、「私たちは映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します」という声明文を発表。さらに、映画業界の労働環境改善を含む包括的な改革のための統括機関「日本版CNC設立を求める会(action4cinema)」の発足を発表した。

日本映画界のために先頭に立って行動している是枝監督。「これだけ問題が浮上してくれば変わらざるを得ないと感じているし、その圧をどう映画界全体にかけていくか。憎まれ役を買って出ないと変わらないのでやっていきますけど」と話し、「セクハラ、パワハラを実名で告白してくれた人たちのためにも、動かないといけないなと思っています」と覚悟を語る。

2019年には、カトリーヌ・ドヌーヴやジュリエット・ビノシュらをキャストに迎え、全編フランスで撮影した映画『真実』を発表した。

「フランスは映画が文化として守られているので、映画自体も、映画を作る人も、制度として非常に守られている。映画は自分たちが生んだという自負があるから。韓国は今、映画がビジネスとして活況を呈しているので、熱気が強い。フランスだと映画は文化だしアートだけど、韓国は少し前までは国策であり今はビジネスチャンスとして開かれている部分がすごく強い。そして日本は趣味の域をなかなか出ない。その良さと大変さがあると感じています」

日本を飛び出して映画を制作することで、それぞれの国の良さや課題が見えるように。「視野が広がっているだけではダメで、それをどう日本にフィードバックして改善に向けて動けるか」と、海外での経験を日本の映画界に生かしていくつもりだ。

全文はソースをご覧ください

no title

引用元: ・是枝裕和監督、海外に出て感じた日本映画界の良さと課題「このままだと国内マーケットは縮小」「日本は趣味の域をなかなか出ない」 [muffin★]

2: 名無しさん@恐縮です 2022/06/24(金) 18:13:18.80 ID:geKbg3u60
アニメと特撮ばかりの日本映画はダメですよね(笑)

3: 名無しさん@恐縮です 2022/06/24(金) 18:13:29.73 ID:cz1E3JCh0
ジャニーズとかいう癌

4: 名無しさん@恐縮です 2022/06/24(金) 18:13:31.20 ID:vRaJji+P0
お前が変われよ

5: 名無しさん@恐縮です 2022/06/24(金) 18:13:41.32 ID:Qs94oheY0
監督が枕強要とかしているうちは無理だろ

6: 名無しさん@恐縮です 2022/06/24(金) 18:13:48.12 ID:GTnPfbFn0
Goninは惜しかったな

スポンサーリンク
国内
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました