【社会】貴重な記録と思い出を失わないために 今こそ向き合いたい「CD劣化問題」

1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/07/17(日) 21:57:37.28 ID:4Qqm1VlK9
エンタメ 音楽・映像2022/7/17 16:30

世界各国で広く用いられている記録メディア「CD(コンパクトディスク)」。

1982年の発売から40年が経ち、様々な代替媒体に置き換えられるようになりましたが、依然として登場頻度は少なくありません。

一方で、「40年」という月日からくる様々な「経年劣化」も発生してきています。その様子を紹介したTwitterユーザー・taraさんの投稿に注目が集まっています。


「これが噂に聞いていたCDの劣化というものかぁ。
これは実家にあったCDで、西ドイツ製だから1990年よりも前に生産されたCDと思われます。
多数のコレクションが聴けなくなったと父は嘆いていました」

3枚の写真とともに、上記のつぶやきをしたtaraさん。病床の父のために、実家にある洋楽CDを探したのが、きっかけだったといいます。

しかし取り出したCDは、表面の光沢の一部が劣化し、全体に小さな斑点が点在していました。劣化した部分を接写した2枚目では、透明になってしまったCDがくっきり。

https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2022/07/Tara_CD1.jpg
https://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2022/07/Tara_CD2.jpg

これは中々衝撃的な画像。しかし、投稿者のtaraさんは「『CDが劣化する』とは聞いていましたし、ネットで検索をすれば(劣化)画像がたくさん出てくるので、目新しいものを撮ったという意識もなく、このような反響は正直びっくりです」と語っており、今回のCD劣化よりも反響の大きさの方に驚いていました。

実はCDの寿命は、10年から30年と言われています。そして、つぶやきにもある通り、taraさんがTwitterに投稿したCDは、1980年代に海外で生産されたもの。つまり、多めに見積もったとしても、既に寿命を迎えてしまっています。

貴重な記録と思い出を失わないために 今こそ向き合いたい「CD劣化問題」 | おたくま経済新聞
世界各国で広く用いられている記録メディア「CD(コンパクトディスク)」。1982年の発売から40年が経ち、様々な代替媒体に置き換えられるようになりましたが、依然として登場頻度は少なくありません。一方で、「40年」という月日からくる様々な「経年劣化」も発生してきています。

引用元: ・【社会】貴重な記録と思い出を失わないために 今こそ向き合いたい「CD劣化問題」 [朝一から閉店までφ★]

2: ニューノーマルの名無しさん 2022/07/17(日) 21:58:20.91 ID:b6HZz3+l0
SSDだろうがm.2だろうが劣化はするからな
3: ニューノーマルの名無しさん 2022/07/17(日) 21:58:33.60 ID:Ak4wOOWy0
目がCD
4: ニューノーマルの名無しさん 2022/07/17(日) 21:58:38.97 ID:eZaOxChk0
DVDは、永久に保存できるよね?
5: ニューノーマルの名無しさん 2022/07/17(日) 21:58:41.52 ID:iZsbYSE90
吸いだしとけ
6: ニューノーマルの名無しさん 2022/07/17(日) 21:59:05.41 ID:VnOr1Sjh0
俺の巨大ペニスもCDROMに焼き付けておかんとな、まもなく梅毒で亀頭が腐り落ちる
7: ニューノーマルの名無しさん 2022/07/17(日) 21:59:07.36 ID:L4MAyG4w0
家のレトロゲームは今のところ読み込めなくなったディスクはないな

スポンサーリンク
国内
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました