【毎日新聞】日本の次期主力ロケットH3の開発大詰め 海外からの受注も目指すが、競争激しく価格破壊も

スポンサーリンク
1: みの ★ 2021/02/12(金) 08:16:32.16 ID:RCL0Zc2C9
 日本の次期主力ロケット「H3」の開発が大詰めを迎えている。今後20年間にわたり「宇宙への足」となる重要なロケットだが、主エンジンが不調で、1号機打ち上げは1年遅れの2021年度中となった。衛星打ち上げ受注を巡る海外勢との競争も激しさを増す。

三菱重工業の飛島工場(愛知県飛島村)で1月23日、発射場のある種子島宇宙センター(鹿児島県)への出荷を前に、H3の胴体部分となる第1段と第2段の機体が報道陣に公開された。

「ようやくここまで来た。ロケットの構想を始めたのが12年ごろ。構想が形になるすごさを感じる」。巨大な機体を前に、三菱重工と共同開発を進める宇宙航空研究開発機構(JAXA)の岡田匡史・プロジェクトマネジャーは感慨深げに語った。機体は船で運ばれ、30日に種子島へ到着。トレーラーで運搬中にコンテナが傾くトラブルもあったが、機体に異常はなく、組み立て作業が始まった。

H3の「H」は水素の元素記号で、燃料に液体水素と液体酸素が使われる。05年以来、46回続けて打ち上げに成功している「H2A」「H2B」の後継機だ。世界最高水準の信頼性を引き継ぐとともに、衛星打ち上げ受注につながる打ち上げ費用の大幅な削減を目指す。衛星を打ち上げたい民間企業や海外政府など顧客の需要に柔軟に応じるため、脇に取り付ける「固体ブースター」の本数と、内部に衛星を格納する「フェアリング」の長さを変え、打ち上げ能力の異なる複数の形態を設ける。

…続きはソースで(会員記事)。
https://mainichi.jp/articles/20210209/k00/00m/040/144000c
2021年2月10日 12時00分

引用元: ・【毎日新聞】日本の次期主力ロケットH3の開発大詰め 海外からの受注も目指すが、競争激しく価格破壊も [みの★]

>>1
>>2
韓国人はもっと卑劣だよ
なんでアフリカ沿岸に海賊が出るようになったか知ってるか?
内戦のせいじゃないんだよ

まだまともだった頃のNHKのドキュメンタリーでやってたんだけど、韓国漁船団はまずアフリカ沿岸部を底曳網で徹底的に荒らしまわるわけ
資源が根こそぎ壊滅するまで荒らし、沿岸で漁業をしてたアフリカの漁民が生活に困ったら、沖で漁をしたら魚を高値で買い取ると騙し大型の冷凍母船で小型船を曳航し沖合へ
そこで漁をさせては安値で買いたたき、売るのを拒否したら沖合に放置
放置された小型船はエンジンもまともなのがないから遭難して死ぬを繰り返したわけ
そんでいよいよ食えなくなった漁民の家族が始めたのが海賊な?

2: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/12(金) 08:16:46.38 ID:/8wD9BJc0
It is a boon to be ignorant of the knowledge which you shouldn’t know, said a wise man of my homeland, Virginia.

It was when I went to a hot-spring in Tohoku region last November that there happened to me an event such as any man of sanity isn’t supposed to see. After washing myself, I was enjoying soaking myself in a very large bathtub.
At that time, I caught bubbles foaming on the water about 10 feet away from me, which showed that someone was diving under the nebulous water.
Next moment, to the surface rose a naked woman! I was stunned too much to move away. I wondered how she could stay under the water since before I entered the spa, that is, for at least 20 minutes.
Strangely enough, while she was approaching me, I never watched her eyes blinked. She stood in my face, and shouted, “Watch my body, and fuck me!”
A local person told me later that some Japanese girls, hearing that the hot-springs there were visited by white male travellers, often waited in the bathroom to peep the travellers’ body or to seduce them and that such a girl was called a “crocodile”.
I thought that this was the very nickname for her, judging from her underwater time and unblinked eyes,.

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました