【経済】財務省と日銀は全否定 「現代貨幣理論(MMT)」は日本を救う特効薬か、それとも劇薬か

スポンサーリンク
1: ボラえもん ★ 2021/03/03(水) 14:43:51.95 ID:bBlH6af59
 ◇現代貨幣理論(MMT)を考える

日本の財政赤字(長期債務残高)は政府だけで1000兆円、地方も含めると1200兆円を超える。先進国では最悪の水準だ。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う支援策の拡充と国内経済の低迷で、財政赤字の増大は避けられない情勢だ。【毎日新聞経済プレミア・赤間清広】

日本の財政は大丈夫か――。
そう心配していたら「財政赤字なんて気にする必要はない。まだまだ借金は可能だ」という主張を耳にした。現代貨幣理論(MMT)と呼ばれる米国発の新しい経済理論だ。

MMTは日本を救う特効薬となるのか、はたまた日本経済・財政をさらなる危機に追い込む劇薬に過ぎないのか。関係者を訪ね歩き、その実情を探った。

◇野党議員と財務官僚が論争

今年に入ってMMTが再び注目を浴びることになったのは、高井崇志衆院議員(国民民主・無所属クラブ)が2月6日にアップしたブログがきっかけだ。
タイトルは「『MMT』に対する財務省のあきれた見解」。そこにはMMTをめぐる高井氏と、財務省の角田隆主計局次長の電話でのやり取りがつづられていた。

高井氏「財務省はMMTについてどのように考えているのか?」
角田氏「財務省はMMTをまともな理論だとは思っていない。『実験的にやってみて失敗した』では済まない」

MMTを全否定する財務省の主張に、ネット上では賛成派・反対派双方の声が渦巻いた。
議論が過熱したのは、MMTの理論そのものが、現在常識となっている従来の経済・財政学と真っ向から対立するためだ。

現在主流の経済・財政学では、政府の財政赤字は好ましくなく、歳入(税収)と歳出は可能な限り均衡すべきだと考える。

財政赤字は「将来世代への借金のつけ回し」に過ぎず、過剰債務を放置すれば政府の財政はいずれ破綻する。
そして消費や投資の減退、通貨の暴落、ハイパーインフレなど経済の大混乱を招きかねない、というものだ。

財務省はじめ政府が財政健全化目標を掲げ、時には激しい国民の批判を承知で消費増税など財源確保に躍起になっているのも上記のような事態を防ぐためだ。

◇政府には拒否反応強く

これに対しMMTは、日本のように自国通貨で国債を発行している国が財政破綻することはなく、巨額の財政赤字を抱えていても問題ないと主張する。
本当であれば日本のように巨額赤字を掲げる国にとって魅力的な議論だ。

米国ではMMTの提唱者の一人とされるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授が米大統領選でバイデン氏と民主党候補を争ったバーニー・サンダース氏のアドバイザーを務めたことで話題を集めた。

日本でも「消費税を廃止しても問題ない」「政府はどんどん借金して経済を刺激すべきだ」など過激な論説の根拠にMMTの理論が使われることも少なくない。
ただ、現時点で日本の政策にMMTが反映される可能性は極めて低い。

MMTは政府の財政健全化の取り組みを全否定することにつながりかねず、当局のMMTへの対応は「拒否反応」と言えるほど強い。

「こういった話は常識的にはインフレが起こると思う。財政規律を緩めるのは極めて危険だ。日本をその実験場にするという考え方を私どもはもっていない」
麻生太郎財務相は国会答弁でMMTをこう切り捨てた。

日銀の黒田東彦総裁も「財政赤字や債務残高を考慮しないという考え方は極端な主張であり、なかなか受け入れられない」と全否定している。

◇古くて新しい問題
厳しさを増す日本の財政をどう支えるのか、増税以外に財政健全化を進める方法はないのかという課題は、古くて新しい問題だ。
「改革なくして成長なし」を掲げた小泉政権では、規制緩和や構造改革を通じて成長率を上げれば、税収が増えて国民に負担増を求めなくても財政再建ができるという「上げ潮派」が幅をきかせた。
しかし、格差の拡大など構造改革の弊害は大きく、小泉政権退陣後、消費増税など従来の財政政策に逆戻りしたのは周知の通りだ。

政府の特別会計の剰余金や積立金を活用すべきだとした「霞が関埋蔵金」も近年、注目を集めた理論の一つだ。
自公政権に加え、埋蔵金の掘り起こしを公約に政権交代を実現した民主党政権も事業仕分けなど「発掘作業」を進めたが、期待したほどの財源捻出効果はなかった。

MMTもまた「絵に描いた餅」に過ぎないのか。次回はMMT推進論者と慎重論者の双方の声を聞いてみよう。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a2544cea60134c185a0d1b8a168d550b719ba38

引用元: ・【経済】財務省と日銀は全否定 「現代貨幣理論(MMT)」は日本を救う特効薬か、それとも劇薬か [ボラえもん★]

2: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:44:21.50 ID:ZZWeGrY90
にほんせいふもMMTに似たことやりまくってるじゃん
3: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:44:36.86 ID:RlhcWbN/0
自分たちの経済政策の失敗を認めたくないだけ
6: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:46:10.12 ID:cq4pUfigO
知的障害者の妄想です
7: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:46:13.80 ID:l8ViD9690
いいからやれ

日本を潰せ(爆笑)

9: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:46:55.31 ID:z39FIsBY0
実験的なやって失敗ではすまないって20年失敗してて何言うてんねん
10: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:47:03.30 ID:HIrEgD550
MMT理論なんて【泡沫候補】が選挙で勝ちたいだけの大風呂敷
20: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:52:15.98 ID:3D790FHJ0
MMTは正しくないとして
消費税で財源確保は正しいのかwww

というか、歳入と歳出は可能な限り均衡すべきだとのことだが
均衡せずにやってきた日本の現状はどういうこと?みたいな

MMTは正しくないとして
現在の日本がやってきていることも、なにか根本的におかしいのでは?

21: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:52:22.02 ID:CydYNOKH0
40年以上も「財政破綻する!!日本は危機だ!!増税しないと!!(なぜか法人税は減税しないと!になるw)」

これ言い続けてきたからね

40年分の報いはちゃんと受けてもらわないとね

22: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:53:42.30 ID:th0Aokk30
お金を無限に作れるとして資源や商品は無限に作れるものなのか
>>22
無限なものなどある筈がない。
君はまだちゃんと理解できてないよ。
>>22
いい指摘
もちろん無限に造れないからお金ばっかり創造するとインフレになってしまう

しかし今の日本は
「生産力余り・カネ不足」のデフレ状態であって
「生産力不足・カネ余り」のインフレ状態はその全く逆になるね

ガリガリに痩せてる拒食症患者が「飯食ったら太って死ぬんですよ!!」とかいって治療拒否してんのw
頭がおかしいと思わんか??

しかし「日本は財政破綻するぞ!!」って言ってる人はなぜか「ハイパーインフレになるぞーーー!!」って心配してる人ばかりだw

23: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:53:56.59 ID:ixm6n4pB0
上級の一部が国債をバンバン出して、
税金使って自分たちの仲間の企業に受注させようと狙ってる
24: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:54:32.95 ID:9oAsknln0
MMT信奉してる某党首は失敗したらフィリピンに逃げそう
25: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:54:39.63 ID:CydYNOKH0
>>19
> 劇薬ですね

で、日本の10年債国債の利率は何%になりましたか?
劇薬(笑)で

あなた方財政破綻派は40年以上前の大平内閣から同じことを言い続けている
「財政赤字で日本は破綻する!!」

40年以上の嘘つきの罪は重いですぞ~

26: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:56:05.46 ID:3D790FHJ0
>>18
MMTがどうであるか関係なく消費に課税ってのがすごい

消費されるごとに市場から国庫にお金が移動するわけでさ
つまり市場そのものが縮小し続ける

そりゃバブルのころに制度設計されて導入された税制だからね
バブル崩壊してもやり続ければ失われた30年になるわけだわ

28: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:56:49.64 ID:oe6G1bhs0
財務省に資産運用課と資源開発課を作って
日本のために稼ぐ組織になって欲しい。
人口減るんだから個人の税金だけじゃやって
けないよ。企業の税金も
30: ニューノーマルの名無しさん 2021/03/03(水) 14:58:13.53 ID:u/nIB+380
特効薬なんてねぇよ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
経済
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました