南米由来「ミュー株」、ワクチン効果は7分の1以下…従来株に比べ

スポンサーリンク
1: 愛の戦士 ★ 2021/09/09(木) 10:56:39.01 ID:GLqUbxKm9
読売新聞 9/8(水) 22:40

新型コロナウイルス
南米・コロンビア由来の変異した新型コロナウイルス「ミュー株」は、ワクチンなどでできた抗体が他の変異株よりも効きにくいとする結果を、東京大や東海大などの研究チームがまとめた。

ミュー株は世界保健機関(WHO)が8月、警戒度が2番目に高い変異株に位置づけた。国内では6~7月に空港検疫で2例確認されている。

チームは米ファイザー製ワクチン接種者や従来株に感染経験のある人の血液を使い、様々な変異株に対する抗体の効果を調べた。その結果、ミュー株に対しては、ワクチン接種者の抗体の効果が従来株より7分の1以下に低下した。インド由来のデルタ株や南アフリカ由来のベータ株より効果の低下が大きかったという。

チームの佐藤佳・東大准教授(ウイルス学)は「現在、デルタ株が世界で蔓延(まんえん)しているが、ミュー株に対する監視も重要だ」と話している。

南米由来「ミュー株」、ワクチン効果は7分の1以下…従来株に比べ(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 南米・コロンビア由来の変異した新型コロナウイルス「ミュー株」は、ワクチンなどでできた抗体が他の変異株よりも効きにくいとする結果を、東京大や東海大などの研究チームがまとめた。

引用元: ・南米由来「ミュー株」、ワクチン効果は7分の1以下…従来株に比べ [愛の戦士★]

>>1
ワクチン接種率が0%台のアフリカ諸国は、死亡者数が ほぼゼロ状態!
衛生状態・感染対策は、先進国と比較して極悪なのに。

つまり、ワクチン接種できなかった貧困国ほど、パンデミックは普通の風邪のように治まり、
ワクチン接種した国ほど、地獄のようになっている。
データから明らか!
.
.
https://covid.gutas.net/vaccine

3: ニューノーマルの名無しさん 2021/09/09(木) 10:57:15.28 ID:uFXDsjBF0
来年には世界中で「ワクチン接種停止」となる。

個別の理由は、
01 効果が短期的限定的で感染拡大は防げない。
02 変異種に対する効果が著しく低下する。
03 追加接種による副反応リスクが打つほど高まる。
04 長期的なリスクも不明であり追加接種により高まる恐れがある。
05 ワクチン接種を進めると抗体回避変異を促しより重症化しやすくなる。
06 ワクチン誘導抗体に特異的にADEが発生する恐れがある。

5: ニューノーマルの名無しさん 2021/09/09(木) 10:57:45.49 ID:iakgrf6P0
ミューツーも覚醒すんの?
6: ニューノーマルの名無しさん 2021/09/09(木) 10:58:04.23 ID:JTBHkTbo0
バカバカしくなってきたな
やれやれ もはや街の雰囲気コロナ禍前とさほど変わらないよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
話題
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました