【国際】中国人女性がベルギー最古の貴族に─上流社会の“中国アレルギー”を乗り越えたシンデレラストーリー

スポンサーリンク
1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/10/14(木) 06:02:36.69 ID:8v9ozIZ19
SOCIETY
6min2021.10.13
ベルギー・中国ニュース拾い読み
中国人女性がベルギー最古の貴族に─上流社会の“中国アレルギー”を乗り越えたシンデレラストーリー

田中淳
Text by Jun Tanaka

中国南部の農村で生まれ育った女性が、パリでハンサムな貴族と出会い、恋に落ち、やがてベルギーの正式な「プリンセス」になった。欧州貴族社会に根強い中国アレルギーを乗り越え、ひっそりと暮らすその中国人「プリンセス」とは……。

中国人女性がベルギー「王子妃殿下」に

中国は20世紀になっても、1912年まで満州族の皇帝が支配する王朝・清朝(大清帝国)だった。辛亥革命(1911~12年)で清朝が倒れ中華民国が建国するが、ラストエンペラー・溥儀(1906~67年)を筆頭とする清朝皇室・愛新覚羅(アイシンジュエルオ)家は、1924年まで中華民国政府による宮殿、財宝の温存、年金支給などの優待を受けた。

ただ1924年当時に“元皇族”待遇で暮らしていた者も2021年現在、ほぼ全員亡くなり、現代の中国人にとって「プリンス」「プリンセス」は遠い遠い昔のおとぎ話にすぎない。

そんななか、ベルギー王子に見初められたのは、1984年、広東省五華県の農村部に生まれ育った中国人女性の李然(リー・ラン、37)。

幼少時から成績優秀でピアノが得意だった彼女は、奨学金を受けながら高級中学(高校)、北京語言大学で学び、大学では金融を専攻。同大学は中国語研究の中心で、外国人留学生数が中国最多ということで知られる。

李然は留学生たちと交流するうちに、自分も海外に出て見聞を広めたいと考えるようになり、アルバイトを重ねながら勉強する「工読生」生活で資金を貯め、2006年渡仏。パリ・スクール・オブ・ビジネス(PSB)に留学する。

卒業後、ジバンシィでインターンとして働いたあと、バレンシアガ、フェンディといった高級ファッションブランドのパリ旗艦店に勤務。

2009年5月、フェンディの店舗を、新進気鋭の建築家であるベルギーのシャルル・ジョゼフ・マルコルム・ド・リーニュ王子(41)が訪れた。

そのときたまたま接客を担当したのが李然だった。シャルル王子は彼女を見るや否や、長身で、肉感的な唇、輝く黒髪を持つユーモアたっぷりの様子に一目惚れし、交際を開始。

ふたりは2010年1月に婚約を発表、同年11月に結婚したが、互いの宗教、家庭環境、文化背景があまりにも異なっていることを理由に、欧州中の王侯貴族が一堂に会するリーニュ家伝統の結婚式や披露宴はおこなわず、ひっそり役所に婚姻届を出すのみで済ませた。

貴族社会に根強い中国アレルギー
===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://courrier.jp/columns/263953/

引用元: ・【国際】中国人女性がベルギー最古の貴族に─上流社会の“中国アレルギー”を乗り越えたシンデレラストーリー [朝一から閉店までφ★]

2: ニューノーマルの名無しさん 2021/10/14(木) 06:05:51.75 ID:Qfw9bwCQ0
中国は人口多いせいか凄い美人がいるしな
こりゃハニトラかかるわってのが
3: ニューノーマルの名無しさん 2021/10/14(木) 06:07:08.79 ID:lxYPS8Ba0
古来から女性は性奴隷だったんだね今も続く
5: ニューノーマルの名無しさん 2021/10/14(木) 06:09:48.60 ID:hdUuozC90
…大丈夫なの、これ…;
6: ニューノーマルの名無しさん 2021/10/14(木) 06:10:05.64 ID:Ec/tICna0
つかの間 シンデレラリバティ
https://youtu.be/-RBi-3x9EmU

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました