【国際】 マイクロソフトCEOの長男が逝去、25年の障がい者としての生活から得られたもの

1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/03/10(木) 21:19:01.50 ID:hbKdg1A19
2022.03.07 17:00

author satomi

子宮窒息による脳性麻痺で視力と四肢の自由を奪われ、誕生の数時間後には集中治療室…。
Microsoft(マイクロソフト)のサティア・ナデラCEOの長男、Zainさんが長く険しい 後遺症との闘いに幕を閉じ、永眠しました。享年25歳。
エグゼクティブ宛てのメールで明らかになったもの。人生の大半を過ごしたシアトル小児科病院のJeff Sperring CEOは次のような追悼の言葉をメールに寄せています。

「Zainはあらゆるジャンルの音楽を愛し、太陽のような輝く笑顔でご家族、ならびに彼を愛するすべての人に大きな喜びをもたらしてくれた。彼のことは一生忘れないでしょう」

障がいを持つ子の父として学んだこと

障がいをサポートしてきた家族の苦悩と道のりについてはCEOが2017年の自伝「Hit Refresh」で述べており、その一部はLinkedInで読むことができます。
それによると、Zainさんはナデラ氏が29歳のとき、建築家の妻Anuさん(当時25歳)との間に生まれた最初の子でした(下の2人は女の子)。
本社隣の賃貸アパートでベビー用品を買いそろえ準備万端で迎えたのですが、1996年8月13日、妊娠36週目に突然お腹のなかで動かなくなって近くの病院で緊急帝王切開。生まれたときの体重はわずか3ポンド(1360g)。産声もない誕生でした。

すぐさま救急車でシアトル小児科病院集中治療室に運ばれて、やっと一命をとりとめたのですが、そのときには子宮窒息で脳に重度のダメージが残り、 一生車椅子の生活と診断されたのだといいます。
これからどうなってしまうんだろうと夫婦ふたりのことで頭がいっぱいのナデラCEO。 しかし、なによりも夫人はZainさんのことに心を砕き、「なぜうちだけ」と運命を呪う間もなく自分たちにできる精一杯のことをしてあげたいと気持ちを切り替えていました。「子どもの痛みを自分の痛み以上に本能的に感じ取る」その姿を見て、CEOの心に大きな変化が訪れます。
自分の都合より、まず痛みを感じている当人のことを考えろ。どんな状況に置かれているのか考えろ。そう思うようになったのです。
===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://www.gizmodo.jp/2022/03/zain-nadella-1996-2022.html

引用元: ・【国際】 マイクロソフトCEOの長男が逝去、25年の障がい者としての生活から得られたもの [朝一から閉店までφ★]

2: ニューノーマルの名無しさん 2022/03/10(木) 21:19:29.58 ID:OHihne570
めでたしめでたし
3: ニューノーマルの名無しさん 2022/03/10(木) 21:19:39.07 ID:TCDkU0t/0
そんなことより東京大空襲だ
4: ニューノーマルの名無しさん 2022/03/10(木) 21:20:03.72 ID:1Uh/hGYa0
ゲイツかと思ったらもうCEO降りたんだったな
6: ニューノーマルの名無しさん 2022/03/10(木) 21:21:16.85 ID:py+iU6D00
優生学的には生きていちゃいけない子だった
7: ニューノーマルの名無しさん 2022/03/10(木) 21:21:18.89 ID:fays5ZBI0
負け犬の遠吠えにしか聞こえないw

スポンサーリンク
海外
TweeterBreakingNews-ツイッ速!

コメント

タイトルとURLをコピーしました