Tweeter Breaking News-ツイッ速!
国内

英外相、パレスチナ国家の承認を「前倒しする用意」示唆 和平には「不可逆的進展」必要と

英外相、パレスチナ国家の承認を「前倒しする用意」示唆 和平には「不可逆的進展」必要と
1: 少考さん ★ 2024/02/01(木) 10:02:13.59 ID:43C/KaWO9
英外相、パレスチナ国家の承認を「前倒しする用意」示唆 和平には「不可逆的進展」必要と – BBCニュース
英外相、パレスチナ国家の承認を「前倒しする用意」示唆 和平には「不可逆的進展」必要と - BBCニュース
イギリスのデイヴィッド・キャメロン外相は30日、同国にパレスチナ国家を正式に承認する時期を前倒しする用意があることを示唆した。

2024年1月31日

イギリスのデイヴィッド・キャメロン外相は30日、同国にパレスチナ国家を正式に承認する時期を前倒しする用意があることを示唆した。

昨年11月の外相就任後、4度目となる中東訪問を前にキャメロン氏は、中東での和平を促進するにはパレスチナ人に政治的地平を与える必要があると、与党・保守党の中東評議会 (CMEC)で述べた。

キャメロン氏はまた、イギリスにはパレスチナ国家がどのようなものかを示す責任があると語った。

そして、パレスチナの人々に対して「2国家解決」に向けた「不可逆的な進展」を示す必要があるとした。

「そうなれば、我々は同盟国とともに、そして国連も含め、パレスチナ国家の承認という問題を検討することになるだろう」

「それが、このプロセスを不可逆的なものにする一助となりうる」

キャメロン氏はまた、パレスチナ自治区ガザ地区へのさらなる人道的支援を許可するよう、イスラエルに求め、イギリスやそのほかからの重要な援助が、ガザの境界で送り返されているのは「ばかげている」と述べた。

キャメロン氏はさらに、イスラエルは市民に安全を提供することができなかった、イスラエルにとってこの30年間は失敗の物語だった、と述べた。

そして、その失敗を認めることによってのみ、平和と進歩が生まれるとした。

交渉段階で承認する可能性

(略)

(英語記事 UK considering recognising Palestine state – Cameron)

※全文はソースで

引用元: ・英外相、パレスチナ国家の承認を「前倒しする用意」示唆 和平には「不可逆的進展」必要と [少考さん★]

2: 社説+で新規スレ立て人募集中 2024/02/01(木) 10:03:04.07 ID:jFxyvvwW0
イギリスが出てくるとロクな事にならないのは歴史が証明してる
3: 社説+で新規スレ立て人募集中 2024/02/01(木) 10:03:29.91 ID:ROgDVIEJ0
イギリスの責任でやれ
4: 社説+で新規スレ立て人募集中 2024/02/01(木) 10:03:46.53 ID:sF2O/c6D0
じゃあその前に全滅させないと
5: 社説+で新規スレ立て人募集中 2024/02/01(木) 10:03:47.92 ID:YNM5IA7U0
今度は何枚目の舌だ?
6: 社説+で新規スレ立て人募集中 2024/02/01(木) 10:04:15.59 ID:XVLGyvNY0
大規模な戦争が起きるぞ

コメント

今月の人気記事

pagetop

PAGE TOP

タイトルとURLをコピーしました