Tweeter Breaking News-ツイッ速!
国内

アイヌ民族差別問題の報道を評価 東京新聞特別報道部・木原育子記者にメディア・アンビシャス大賞

アイヌ民族差別問題の報道を評価 東京新聞特別報道部・木原育子記者にメディア・アンビシャス大賞

24時間内人気記事

1: 少考さん ★ 2024/02/02(金) 08:43:46.83 ID:HwHMLabI9
アイヌ民族差別問題の報道を評価 東京新聞特別報道部・木原育子記者にメディア・アンビシャス大賞:東京新聞
アイヌ民族差別問題の報道を評価 東京新聞特別報道部・木原育子記者にメディア・アンビシャス大賞:東京新聞 TOKYO Web
市民の立場から優れた報道を表彰する団体「メディア・アンビシャス」(代表・上田文雄前札幌市長)の2023年のアンビシャス大賞が1月30日...

2024年2月1日 19時30分

市民の立場から優れた報道を表彰する団体「メディア・アンビシャス」(代表・上田文雄前札幌市長)の2023年のアンビシャス大賞が1月30日に発表され、活字部門の大賞に東京新聞特別報道部の木原育子記者によるアイヌ民族差別問題に関する報道が選ばれた。

一連の報道は、植民地支配の歴史的背景に触れつつ、アイヌ民族の遺骨返還問題が解決されていない実態や、先住民の権利問題に切り込んだ内容(23年5月14日など)。大阪・関西万博の「アイヌ民族の商業利用」に関する無自覚な差別(同12月17日)についても問い、「難しいテーマを得意とする特報部ならではの視点だ」と評価された。

団体は良質な報道を市民が支えようと2009年に設立した市民組織。18年には、第2次晋三政権下での加計学園疑惑に迫る本紙の報道姿勢が大賞に、防衛費の流れを追った本紙調査報道連載「税を追う」などがアンビシャス賞に選ばれている。

今年の活字部門のメディア賞には、しんぶん赤旗日曜版の自民党派閥パーティー券問題のスクープ、映像部門の大賞は、山口放送のNNNドキュメント「いろめがね~部落と差別~」が選ばれた。表彰式は3月9日に札幌市内で開かれる。

【関連記事】木原育子記者の記事一覧はこちら
https://www.tokyo-np.co.jp/tags_reporter/k1/kihara_i/

引用元: ・アイヌ民族差別問題の報道を評価 東京新聞特別報道部・木原育子記者にメディア・アンビシャス大賞 [少考さん★]

2: 社説+で新規スレ立て人募集中 2024/02/02(金) 08:44:53.68 ID:LB4F9AEj0
アイヌってどうして先住民何ですか? イマイチ証拠がグレーなんですけど。
6: 社説+で新規スレ立て人募集中 2024/02/02(金) 08:46:55.28 ID:KTrMGVGH0
マスゴミプロレス乙
7: 社説+で新規スレ立て人募集中 2024/02/02(金) 08:49:29.71 ID:memVE/uk0
イソコが一言↓

コメント

今月の人気記事

pagetop

PAGE TOP

タイトルとURLをコピーしました